2017年9月17日日曜日

喜び

 今、英語の生徒が帰ったところである。素晴らしい気分だ。
今までやってきた時間が報われるとは、このようなことを言うのだろう。

 彼女は中学の途中からうちにやってきた。ほぼ全く何もわからぬ状態で。英語を話すことに中心を置くという公立きっての斬新な教育を行う学校の中で、多くの生徒が成果を上げる中、彼女は全くもって落ちこぼれてしまっていた。話すこと中心なので、恐らく一般の公立よりさらに文法の説明もないと思える。というのもいくら英語が出来なくても知っているだろうと思われる用語を何ひとつ知らなかったからだ。

 そして今日、関係代名詞の授業で、下記の英作文を口頭でスラスラと頭から言うことが出来た。素晴らしい!!彼女を見ながら全く夢のような気分であった。

①私はあなたをよく知っている人に会いました。
②私が昨日読んだ本はたいへんおもしろかったです。
③私たちは、家からほんの数百メートルのところにある公園で、その犬を見つけました。
④あれは新しいデザインで有名な建物です。
⑤彼女はそのフランス語の歌が上手に歌えたただ一人の少女でした。
⑥彼がアフリカから母親に送った最期の手紙がここにあります。

彼女もこんなに難しそうに一見みえる問題が、自分の口から英語で出てくることに驚いていた。終わって二人で喜んだ。これはおばちゃんツイッターに書くよ!!?と言ったら笑って喜んでくれた。

 自分が全くわからずかつ落ちこぼれていたことをわかっているのは彼女自身である。基礎の基礎もわからぬ彼女にひたすら文法の骨格を教えこみ、中学あたまから順を追ってしらみつぶしに学習してきた。お母さんからは『この子はよくわかる子』と聞いていたのだが、最初の2年はとにかくゆっくりだった。理解するのもゆっくり。解くのもゆっくり。何もかもがゆっくりだった。

 それが2年を過ぎてから『ん?この子、実はめっちゃ理解力ある?』と気づいてきたのだ。恐らく英語に対する理解が一定量溜まってきたのだと思う。そこからの加速がすごい。

 ここ近日、現在完了、分詞の形容詞的用法と濃密に精度高く仕上がっていた。

 教える時に彼女は私に要求した。『先生の解説を出来る限りして下さい。細部にわたる全部。私は解説が多ければ多いほど嬉しい。全体が見えた方がわかりやすい』解説はどっちみちするのだが、生徒側からの要求は意外だった。なので解説する。遠回りなのをわかっていても、しらみつぶしに色んなことをやっていく(中身は説明するの大変。割愛)そしてしばらく、決して短くない時間、彼女はじーーーーーーっと教材を眺め一人で学習する。そして教材ができるようになったら、一般の問題集を解いていく。一気にノーミスで。

 彼女の解いている時の言葉そのものから、これは単に言っているだけではなく本当に英語がわかって言っているのがわかる。夢のようだよ?2年前まで英語なんて皆無中の皆無だった子がだよ!?

 今日はこの子の節目の日である。感無量。

0 件のコメント:

コメントを投稿