2016年8月19日金曜日

water(水)がワーラーと聞こえるわけ。フラップTの解説の販売を開始しました

water(水)が「ワーラー」のように聞こえることがあります。このときのtの部分の音は[t]と[d]におけるフラップT(flap T)とも呼ばれることがある音ですが、これを真似ようとカタカナのはっきりした「ラ」を狙うとそれは違う音になってしまいます。またwaterのときだけ言えるようになったとしても、この現象は他の英単語でも起こるので十分とは言えません。

Vol.27では、この音の練習方法、出し方をまずは一単語の中での利用に絞って解説しています。教材販売ページはこちらです(480円、MP3による解説音声とテキストのPDFファイルです)。

0 件のコメント:

コメントを投稿